予防歯科

お口の中のクリーニング&エステ 
PMCTについて

PMTCは、歯科医院で専門的に行うお口のケアプログラムです。

毎日すみずみまでみがいているつもりでも、歯ブラシの届きにくい所など、どうしても汚れが残りやすい所ができてしまいます。

そうしてできたバイオフィルム*を、歯科医や歯科衛生士ら専門家が専門の器具とフッ化物入りペーストを用いて清掃します。歯の表面や歯と歯茎の境目などにいる悪い細菌を徹底的に取り除きます。
PMTCは今から約30年前、口腔ケア先進地といわれる北欧で提唱・システム化された方法で、現在まで多くのリサーチに裏付けされて着実に臨床実績を上げています。

神戸市灘区の歯医者うしじま歯科クリニックでは、PMTCにも対応しておりますので、是非歯のクリーニングにお越しください。

※バイオフィルム:
歯の表面に強力に付着した細菌の塊群のことです。このバイオフィルムを除去するのがPMTCです。

PMTC

PMTCの特徴と必要性

1.歯の寿命を飛躍的に延ばします!

2.虫歯や歯周病を予防します!

3.白い歯・ツルツル感を保ちます!

なぜ、毎日の歯みがきだけでは、不十分なのでしょうか。

21世紀に入った今もなお、歯科疾患率は引き続き高い数値を示しています。このことは、自分でお口の健康を管理し維持していくことがどれだけ大変かということを示しています。セルフケアで清掃しにくい場所は、歯と歯の間、歯と歯茎の境目です。
また、歯周病になると、歯と歯茎の間に深い溝(ポケット)ができ、その奥にある歯垢や歯石は自分では取り除くことができません。
セルフケアと神戸市灘区の歯医者うしじま歯科クリニックによるプロフェッショナルケアの二人三脚によって、お口の健康を保つことができるのです。

PMTC

PMTCの効果

PMTCによって、きれいな歯を保つだけでなく爽快感が得られ、歯の表面がつるつるして、とても気持ちいいです。
歯垢(プラーク)に含まれる雑菌を落とすことで虫歯や歯周病予防の効果があります。歯茎に炎症がある場合は腫れや痛みを抑えますし、歯の延命効果も期待できます。

また、カルシウムの補給を助けて歯質を強くするとともに、汚れをつきにくくします。さらに、 気になる口臭も緩和されます。

PMTCのよくある質問

Qどのくらいの間隔で行うべきですか?

A人によって歯や歯茎の強さ、細菌の状態、唾液の量、着色の程度、生活習慣などが違うので様々ですが、一般的には3~4ヶ月に1度の割合で行います。通常のチェアータイムは、20分~30分程度です。

QPMTCは、痛くないですか?

Aやわらかいゴムでできたカップなどを歯にあて、回転させて汚れを取り除きます。歯茎を傷つけないように、丁寧に行いますから、痛みを伴うことはありません。

QPMTCは、子供にも必要ですか?

A いくつでも早すぎるとか遅すぎるとかいったことはありません。いつから始めても一定の予防効果が期待できます。大切なのは、定期的に行うことです。

Qかかる費用はどれぐらいですか?

A一人一人の状況によって様々ですので、お気軽にご来院の上ご相談下さい。

歯を守って強くする
シーラント

フッ素は歯の平らな面には効果的!
奥歯の溝の虫歯予防にはシーラント!

奥歯の噛む面の溝は深く、歯ブラシも届きにくく、食べカスやバイ菌がたまりやすい場所です。この溝にシーラント材をつめて、汚れがたまりにく、歯ブラシが当たりやすい表面にします。
※シーラントは保険で行えます。

シーラント
シーラント

歯みがきのむずかしい「奥歯の溝」は、虫歯に大変なりやすいと言われています。

シーラント

シーラントは、この「奥歯の溝」を埋めて、虫歯菌を防ぐ材料です。

シーラント

シーラントには、歯を強くして虫歯菌から守る「フッ素」も入っています。

シーラント

とっても簡単な処置で、虫歯になりにくい歯になります。皆さんも、シーラントで虫歯菌から歯を守りませんか?

※神戸市灘区の歯医者うしじま歯科クリニックでは、ティースメイトF-12.0を採用しております。

虫歯予防におすすめの
フッ素イオン導入法

フッ素で上手に虫歯予防
当医院では、半年に1度の定期検診をシステムに導入しております。健診の内容は、ムシ歯・歯ぐきのチェック、歯石の除去、それに加えて最後に低濃度のフッ素をお塗りしています。
しかし、これだけのフッ素では唾液などで、すぐ流れしまうため、効果は少し低いかもしれません。


そこで神戸市灘区の歯医者うしじま歯科クリニックでは、効果的にムシ歯を予防していただくためにフッ素イオン導入法をおすすめしております。
ご自宅でのフッ素の使用とあわせて行うとより効果的です。それではイオン導入法についてご説明致しましょう。

フッ素イオン導入法

フッ素イオン導入法とは?

  • 薬液であるフッ化ナトリウム溶液をイオン導入装置を使い、フッ素とナトリウムとに電気分解します。
  • 単に塗るだけでは歯質に取り込まれにくいフッ素を一時的に人体を+の 電位に変えて浸透しやすくさせます。
  • 歯質に取り込まれたフッ素はフルオ ロアパタイトを形成し虫歯を予防し ます。

フッ素は、確かに虫歯の発生を抑制することができます。歯の硬い部分の97%がリン酸カルシウム等の無機成分です。これとフッ素ががっちりと結びついてフッ化リン酸カルシウムを作り、最も虫歯になりにくい歯を作ります。
このフッ素を歯に作用させる方法として、色々な方法が行われています。
例えば水道水の中にフッ素をまぜるとか、歯磨剤の中に入れるとか、1本1本筆で塗ってやる等の方法ですが、一番理屈にかなった、効果の期待できる、合理的方法として日本ではもちろん世界中にも注目を集めておりますのが、神戸市灘区の歯医者うしじま歯科クリニックが導入しているイオン導入法といわれるものです。
この方法は、フッ素が自然のままでは歯に浸透しにくい性質を持っている為、人体には感じない程度の弱い電気を流すことによって、フッ素イオンとして浸透させる方法です。

定期的なフッ素塗布
特徴
1)全く痛みがない
2)時間が短くて済む
3)トレー(口の中に入れるもの)は完全滅菌、密封式で衛生的である(使い捨てです)
4)お子様でも不快感がなく、嫌がらない

※他の病気の予防注射とは違い、フッ素を導入したからと言って100%虫歯を防ぐことはできません。毎日の清掃をやらなかったり、甘いガム、チョコレート、キャラメル等が年中口の中にあるようでは、せっかくの効果もなくなります。

フッ素の働き

こちらでは、フッ素の歯へ働きと口の中への働きを図を入れて、説明します。 フッ素の働きフッ素の働き
効果的に虫歯を予防していただくために、神戸市灘区の歯医者うしじま歯科クリニックおすすめのフッ素イオン導入法を行いたい方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

フッ素って安全??

みなさんの中には、「フッ素は体に害があるのでは?」と思っている方もいらっしゃるかと思います。
フッ素は、自然界に存在する生物や水に必ず含まれています。私達が普段食べている野菜や魚など、飲み物ではお茶やコーヒーなどにも含まれています。もし、歯みがき中などにフッ素をあやまって飲み込んでしまったとしても、ごく少量ですので特に問題はありません。
しかしフッ素は、塩と同様で、からだに必要なものでありながら、大量に摂取すると害になることもありますので、その点には注意しましょう。

フッ素の安全性

フッ素って、いつ頃から始めたらいいの?

フッ素洗口やフッ素入りの歯みがき粉の使用は、ブクブ クうがいができるようになる4歳頃が良いでしょう。
また、フッ素の使用を特におすすめしたいのが、乳歯か ら永久歯に生えかわる時期の小学生・中学生のお子さんです。生えたての歯は未熟でやわらかく、虫歯になり やすいのです。
しかし、虫歯になりやすい反面、フッ 素の取り込みが高いので、効果的に歯質強化が得られま す。よってこの時期にフッ素を積極的に使うことで歯を 強くし、虫歯になりにくい歯にします。

当院では、このように予防歯科として、フッ素イオン導入法をお勧めしております。ご興味がある方は、是非神戸市灘区の歯医者うしじま歯科クリニックにお越し下さい。(アクセスマップはこちら>>>)
また、無料相談も受け付けております。(インターネットからのご相談・お問い合わせはこちらからどうぞ>>>)

うしじま歯科クリニック

〒657-0028 
兵庫県神戸市灘区森後町3-1-18
(ミスタードーナツ 2F)

tel:078-821-9800

診療時間
9:00~13:00
14:00~18:00 /

◎=10:00~14:00/15:00~19:00 ★=オペ日
【休診】木曜、日曜、祝祭日 
※祝日のある週は木曜日も診療
(9:00~13:00/14:00~18:00)

Copyright© Ushijima Dental Clinic All Rights Reserved.

無料矯正カウンセリング予約
無料メール相談