歯根治療・歯の根の治療・根管治療は神戸市灘区の歯科医院(歯医者)うしじま歯科クリニックへ!歯根治療・歯の根の治療・根管治療対応の神戸市灘区の歯科医院(歯医者)

  • ホーム
  • リンク
  • サイトマップ
無料カウンセリング予約
当院のご案内
スマホサイト 無料カウンセリング
無料メール相談

神戸市灘区の歯科医院(歯医者)
うしじま歯科クリニック

自由診療
  • 虫歯治療
  • 矯正歯科
  • 小児矯正歯科
  • インプラント
  • 審美歯科
  • ノンメタル
  • ホワイトニング
  • 入れ歯・義歯
  • 顎関節症
  • 噛み合わせ
  • 歯ぎしり・クレンチング
  • 口腔外科
  • 歯根治療
  • 歯周病治療
  • 口臭治療
  • いびき予防
  • 予防歯科
  • 3DS
  • アマルガム水銀除去
  • プロによる歯のエステ
  • アンチエイジング
  • ヒアルロン酸
  • プラセンタ

神戸市灘区の歯科医院(歯医者)
うしじま歯科クリニック

無料カウンセリング
無料メール相談
求人情報 スルガ銀行デンタルローン
歯根治療・歯の根の治療・根管治療
トップページ > 診療内容 > 歯根治療・歯の根の治療・根管治療
抜歯について】
歯の治療において、抜歯は最終的な手段といえます。
最近、当院のセカンドオピニオンでのご相談事項で増加しているのが、
「この歯は、抜歯しないといけないんでしょうか・・・?」と言った内容です。

歯の根の治療は、非常に難しく時間も要する治療であることは間違いないですが、
患者様の歯の状況によっては、抜かなくて済む歯ももちろんあります。

ご相談にお越しになられる患者様の歯を拝見すると、当院の判断では、しっかりと歯の治療を行なって頂ければ抜かなくてもすむ患者様がいらっしゃられるのが実状です。

もちろん、抜歯をしなくてもよいか、するかの判断は、歯の根の治療に対する各医院の判断基準によるところがありますが、当院の技術であれば、抜歯せずに対応が可能なケースもあります。
(※もちろん歯の状況によっては、当院でも抜歯をして頂かないと仕方がないケースもあります。)

もし、現在治療を行なわれており、抜歯に対して不安がある患者様は、
是非、当院をセカンドオピニオンとしてもご利用下さい。

  • 無料メール相談
  • 無料カウンセリング予約
  • アクセスマップ

歯根治療・歯の根の治療・根管治療は神戸市灘区の歯科医院(歯医者)うしじま歯科クリニックへ!


当院での根管治療(歯の根の治療)をご希望の方へ
まずは、根の治療自体がどのようなものなのかを患者様の皆様にご理解して頂く必要性があるため、神戸市灘区の歯科医院(歯医者)うしじま歯科クリニックでは、必ず1時間程度のカウンセリングを実施させて頂いております。

急性炎症等の痛みがある場合は、当日処置させて頂きますが、根管治療自体はカウンセリング後から実施することになります。

尚、当日はカウンセリングできない事もございますので、予めご了承くださいませ。
当院の根管治療(歯の根の治療)のスケジュール
1回目:レントゲン撮影+検査(+痛みがある場合は痛み止め治療)
2回目:1回目で検査・診断等をした資料を元にカウンセリング(1時間程度)
3回目:根管治療(歯の根の治療)開始


歯の根の治療(歯根治療・根管治療)とは
歯の根の治療について
上の図のように、「虫歯治療で神経を取る(抜髄)」→「根の充填が足りない」→「隙間に細菌が進入」→「抵抗力が落ちると炎症が起こる」ということになります。

なぜ、ばい菌や細菌が溜まるかというと・・・。
歯の中には、神経があり虫歯が神経に到達していた場合、神経を取り除き、その後お薬が先端まで入っていないとその隙間にばい菌や細菌が溜まっていきます。治療後すぐには、抵抗力で抑えているので、痛みなどは現れないことが多いですが、加齢や病気になることにより抵抗力が落ちてくると段々とこのばい菌や細菌が大きくなり、炎症を起こすことになります。

ちなみに、痛みがなければ、それでいいのかというと、そうではないです。なぜなら歯や歯茎の慢性的な炎症が思いがけない病気を招くことがあるからです。歯茎や歯根の先の炎症が原因で関節や心臓、腎臓、目などに病気が現れるケースもあります。

逆に、歯の治療をしたらなぜかリュウマチが治ったや腎臓の調子が良くなったや長年の心臓病で毎日のように起こっていた発作がすっかり治ったというケースもあります。
これを歯性病巣性感染症といい、歯からこれだけの病気がくることもあります。

この歯性病巣性感染症は、最近よくテレビで取り上げられている「歯周菌が突然死の原因になっていた」や「心臓発作の原因になっている」などです。

しかし、口の中は基本的に症状がでにくいところになっているため、 原因となる炎症は自覚症状がないか、あっても程度の軽いもののため、気付かないうちに、全身にばい菌がばらまかれて関節が弱い人は、リュウマチになったり心臓が弱かったら心内膜症になったりするということになります。

だからこそ、歯性病巣性感染症というのは徹底した治療をして頂きたいと思います。
小さな炎症でも慢性化する前に根本的に治療しておくことが大切です。
難しい歯の根の治療
先に説明したような症状が、起こる原因としては、

「なぜ薬が歯の根っこの先まで詰っていないか?」


ということになります。

これは、非常に難しい治療になるため、 根っこの先まで詰っていないケースが多いです。

歯茎の中に歯が埋まっており、根っこの先とはどこかというと、判り易く皆様にお伝えするならば、目をつぶって針に糸を通すようなもので、目の見えないところの0.1ミリや0.2ミリのことを追求していかなければならない非常に難しい治療です。

神戸市灘区の歯科医院(歯医者)うしじま歯科クリニックでは、歯の根の先まで、しっかりと薬を入れれる技術を持っていると自負しておりますので、歯の根のことについてお悩みの方は、是非当院へご来院下さい。
  • 無料メール相談
  • 無料カウンセリング予約
  • アクセスマップ

うしじま歯科クリニックでの歯根治療・根管治療症例
歯の根のレントゲン
上記の診療例のように、神戸市灘区の歯科医院(歯医者)うしじま歯科クリニックではしっかりと根の先まで薬が到達するように歯の根の治療を施します。人間にとって1ミリや2ミリはたいしたことない隙間でも、ばい菌にとっては十分な隙間です。そのような隙間ができないように、歯の根の先端まで薬が到達できる技術をうしじま歯科クリニックは持ておりますので、ご安心してご来院下さい。
歯の根の症例集はこちらをクリック>>>
  • 無料メール相談
  • 無料カウンセリング予約
  • アクセスマップ


歯の根の治療(歯根治療・根管治療)について:1
嫌気性菌検査
歯の根の中の菌を検査します。
レーザー治療、高周波治療
神戸市灘区の歯科医院(歯医者)うしじま歯科クリニックでは、最新のレーザーや高周波治療器を使った治療も行っています。

最新の治療器具を用いて、患者様により良い治療を心がけておりますので、是非、神戸市灘区の歯科医院(歯医者)うしじま歯科クリニックにご来院下さい。
3Mix-MP治療法
薬剤で歯全体を無菌化
そもそも虫歯はバイ菌が引き起こすもの。バイ菌が原因ならば、その歯に抗菌剤(バイ菌を退治する薬)を直接使用して、バイ菌を退治し虫歯の痛みや進行を止めてしまおうというわけです。従来の治療法では、「歯は再生しない」として虫歯の病巣を徹底的に削り取っていました。しかし、いくら削っても完全にバイ菌をゼロにすることは難しく、そのおかげで虫歯が再発する人も多いのです。
その点、「3Mix-MP法」では「虫歯にかかっている歯を無菌化」することができるので効果の高い治療が期待できるのです。
また、削らずに残した虫歯の象牙質には、カルシウムが沈着するなどして再び硬くなるというメリットもあります。

3Mix-MP法の方法
わずか1mmほどの抗菌剤の小粒を虫歯の穴に置く。そのまま上から穴をふさぐ。
これで薬が歯の隅々までに浸透し、歯は無菌状態になり、虫歯の痛みや進行が止まります。
3Mix-MP法の治療費について
この治療法は、内服薬として認められる3種類の薬を外用薬として使う為、保険は適用されません。しかし、治療費は一般的な治療とあまり変わりません。

神戸市灘区の歯科医院(歯医者)うしじま歯科クリニックでは、歯の根っこの中に入れる薬として、3Mix-MP法や水酸化カルシウムを使用した治療を行っております。
歯の根
のことについてお悩みの方は、是非、神戸市灘区のうしじま歯科クリニックにご来院下さい。
歯の根の症例集はこちらをクリック>>>
  • 無料メール相談
  • 無料カウンセリング予約
  • アクセスマップ

歯根治療・歯の根の治療・根管治療は神戸市灘区の歯科医院(歯医者)うしじま歯科クリニックへ!


歯の根の治療(歯根治療・根管治療)について:2
E−BOX(個人ボックス)
E−BOXEボックスという物です。うしじま歯科クリニックでは、患者様個人の物として、歯の根の治療などをしていく場合は作らせて頂いております。Eボックスは、ドイツ製の非常に高価な針で、何本か曲げただけでも保険の料金をオーバーしてしまうくらい高価な物です。仮にAさんという患者様が歯の根の治療を始められると、Aさんのお名前を入れ、Aさんが来られたらこのEボックスを使用して、滅菌して、次に来院頂くまで誰も使わずに保管して置きます。他の保険のものが滅菌されていないというわけでは決してないですが、より滅菌について厳密にするために、個人専用の物を持って頂くようにしております。
手間隙かけて作ります
技工士さんはマイクロスコープ使用し、しっかりとした形成、印象(型取り)を行います。

歯を他のものに例えると、家と同じで、いくらきれいな家が建っていても土台のしっかりしていない家は耐震性がないように、目に見えない所ほど、非常に大事です。先にも述べたように、うしじま歯科クリニックでは、技工士さんに作ってもらうときには、顕微鏡を使ってマイクロスコープというものを覗き込みながらしっかりした形成、印象(型取り)を行っております。
治療中の仮歯
治療中は仮歯を作成します。
ファイバーコアポスト
神戸市灘区の歯科医院(歯医者)うしじま歯科クリニックでは、ファイバーコアポストシステムを導入しております。
優れた弾性と強度。そして高い審美性があります。

★グラスファイバーの弾性により、歯への負担を大幅に軽減。
★グラスファイバー系コアは、光の透過性が象牙質に極めて近く、
 歯質に近似した色をもちます。
★メタルコアは硬すぎるために、歯根破折がたいへん少なくなります。
★金属アレルギーの方にもおすすめです。
優れた弾性と強度
弾性係数は金属性ポストやジルコニア(セラミック)ポストに比べ象牙質に近似しています。歯に応力が加わった場合、ファイバーコアポストは歯のたわみに応じて屈曲し応力開放を助けます。
また、ファイバーコアポストは、従来のポストシステムと同等の破折強度を有します。
高い審美性を発揮
ファイバーコアポストは、支台築造用レンジ『ビルドイットFR』との併用で、メタルフリーの支台築造体の製作が可能です。メタルコアに見られる金属色の透過もなく、オールセラミッククラウン、ハイブリッドレジンの色調に影響を与えにくく、より天然歯に迫るダイナミックな色調再現が可能になります。
※メタルコア→金属の土台。コア・ポスト→土台の事
ファイバーコアポストシステムは、弾力係数が象牙質に極めて近く、歯質と同様のしなりがあり、様々な長所を生みますが、最大の長所は歯根破折を防止する働きがあることです。ヨーロッパにおいては、金属製ポストコアを避け、ほとんどファイバーポストコアに移行しつつあると言われています。
セラミックの歯
歯の中に入れる柱もセラミックが良いとされており、
ハイブリッドセラミックのことです。

神戸市灘区の歯科医院(歯医者)うしじま歯科クリニックでは、
天然の歯にもやさしい材料であるセラミックを使用しております。
歯の根の治療期間
約1ヶ月から3ヶ月くらいです。症状や治りによって多少前後します。
※極稀に内容によっては、約半年〜1年程かかる場合もございます。
歯の根の症例集はこちらをクリック>>>
  • 無料メール相談
  • 無料カウンセリング予約
  • アクセスマップ

日本の歯の根の治療の実状
アメリカ ニューヨークのとある歯医者さんは、沢山の日本人を診療されており、日本人の患者さんの中で根っこの治療が不完全な場合が多いと言われています。

なぜ、手の器用な日本人がアメリカ人に言われなければならないのかということですが、歯科医の持っている知識と技術は日米で格差はないと言われています。あえて言えば、日本の国民健康保険制度が問題になっていると言っています。アメリカには国民健康保険制度はなく、生命保険会社との契約か自費治療のみです。アメリカ ニューヨークでの根っこの治療というのは、1回の治療に約1時間半くらいの治療を2〜3回で約700ドル(10年前)、現在では約1,000〜4,000ドルくらいしています。

アメリカで約1,000〜4,000ドルする治療費を日本に持ってきて国民健康保険制度に換算すると10分の1どころではなくて20分の1や30分の1の設定になっています。これは物価がアメリカと比べて日本が20分の1や30分の1だったら別におかしい話ではないですが、実際の物価は1.5倍や東京では2倍と言われています。

それにも関わらず、このような費用に設定されているのは、色々な事情があります。

歯の根の治療について、詳細をお知りになられたい方は、神戸市灘区の歯科医院(歯医者)うしじま歯科クリニックの無料カウンセリングにお越し下さい。
歯の根の症例集はこちらをクリック>>>
  • 無料メール相談
  • 無料カウンセリング予約
  • アクセスマップ

医療控除が受けられます
歯の根の治療は、医療費控除の対象になります。
例えば、所得が700万円のご家庭で、一年間に自由診療で70万円の医療費がかかった場合(保険診療やその他の医療費がなかったと仮定)、本来は、所得税、住民税を合わせて90万6千円だが、自費で70万円使ったので、医療費控除として計18万円が減税されます。つまり、70万円の医療費のうち26%分が確定申告時に還付等されます。言い換えると70万円の自由診療は、52万円で受けられることになります。
  • 無料メール相談
  • 無料カウンセリング予約
  • アクセスマップ

歯の根の病気と治療について
歯の根の治療(根管治療)をする時は、主に2つの場合があります。
歯髄炎の場合

虫歯を放っておくと、虫歯は深くまで進んで神経(歯髄)に達して、歯が凍みたり痛んだりします。

これを歯髄炎といいます。歯髄が細菌に感染してしまったということです。

歯の根の治療
歯髄炎の場合の歯の根の治療:1

虫歯が歯の神経まで、
到着している状態です。
↓
歯髄炎の場合の歯の根の治療:2

虫歯を取り除きます。
↓
歯髄炎の場合の歯の根の治療:3
リーマーという器具を使って歯の神経を取ります。

治療毎に歯の中に
消毒の薬を入れます。
↓
歯髄炎の場合の歯の根の治療:4
神経の入っていた空洞をガッタパーチャという薬で封鎖します。
↓
歯髄炎の場合の歯の根の治療:5
土台を入れて、補強します。
型取り
 ↓
歯髄炎の場合の歯の根の治療:6
出来上がったかぶせを調整します。
↓
歯髄炎の場合の歯の根の治療:7
歯科用セメントでセットして治療が終わりです。
根尖性歯周炎の場合

虫歯や打撲などによって神経が死んでしまった時や、根の治療を途中のまま期間がたってしまった時や以前に神経を取っている歯が何らかの原因で感染を起こした時に根の先端(根尖)に膿が溜まってきます。このまま放置すると、だんだん痛くなってきます。

歯の根の治療
根尖性歯周炎の場合の歯の根の治療:1
根の先に膿が溜まっている状態です。

かぶせをはずします。
↓
根尖性歯周炎の場合の歯の根の治療:2
リーマーという器具を使っ
て、歯の中に入っている古い薬を取り除きます。

治療毎に歯の中に
消毒の薬を入れます。
↓
根尖性歯周炎の場合の歯の根の治療:3

状態が良くなったら歯の中の空洞をガッタパーチャという薬で封鎖します。
↓
根尖性歯周炎の場合の歯の根の治療:4
土台を入れて、補強します。
型取り
 ↓
根尖性歯周炎の場合の歯の根の治療:5
出来上がったかぶせを調整します。
↓
根尖性歯周炎の場合の歯の根の治療:6
歯科用セメントでセットして治療が終わりです。

治療の後で歯が浮いたり、強く噛むと痛みが出ることが時々ありますが、ほとんどの場合3日〜1週間で自然に治ります。

できるだけ歯を抜かない治療をすすめておりますが、そうなる前に定期的な検診を受ける習慣をつけましよう!
これらのように虫歯菌が感染した神経や腐敗物などの感染源をきれいに取り除くためにリーマーという器具を使って、根管内を内部から拡大清掃し、きれいになった根管内をガッタパーチャなどの根充材(根管内を埋める薬)で封鎖していくことが根の治療です。根管は十分に消毒された後、完全に封鎖されることにより細菌の感染から守れます。
根管は非常に細く形も複雑な為、この治療には大変な時間と労力が必要です。
歯を長持ちさせる為には、決して欠かすことのできない重要な治療なのです。
医療法人うしじま歯科クリニックでは、歯の根の治療にも力を入れています。
歯髄炎
根尖性歯周炎などで、お悩みの方は、お気軽に当院へお越し下さい。
もちろん、インターネットからもお問い合わせも受け付けております。
歯の根の症例集はこちらをクリック>>>
  • 無料メール相談
  • 無料カウンセリング予約
  • アクセスマップ

矯正歯科・インプラント・審美歯科・ホワイトニングなどは、神戸市灘区の歯科医院(歯医者)うしじま歯科クリニックへ


  • 神戸六甲矯正テクニカルセンター
  • 神戸六甲インプラントテクニカルセンター

神戸市 ホワイトニング

神戸市 歯科医師・歯科衛生士求人情報/うしじま歯科クリニックでは、歯科医師・歯科衛生士を募集しております。


うしじま歯科クリニック運営ブログ
神戸市灘区の歯科医院(歯医者)うしじま歯科クリニックでは、随時、歯科医師・歯科衛生士を募集しております。歯科医師の方は、当院へお勤め頂くと矯正治療やインプラント治療についての内容を深く学べると思います。神戸市はじめ近隣の市で歯科医師・歯科衛生士で求職されている方は、是非、神戸市灘区の歯科医院(歯医者)うしじま歯科クリニックへご応募下さい。
一緒に患者様に喜ばれる地域密着型の歯科医院(歯医者)を創っていきませんか?
下記のバナーをクリック頂き、まずは求人・募集要項をご確認下さい。
神戸市 歯科医師・歯科衛生士求人情報
矯正歯科・インプラント・審美歯科・ホワイトニングなどは、神戸市灘区の歯科医院(歯医者)うしじま歯科クリニックへ

歯科医師・歯科衛生士求人情報